ホーム > 自治会に加入しましょう

自治会に加入しましょう

 

自治会に入って安全安心で楽しい地域生活を

未曽有の大災害である東日本大震災を契機に、いま地域の絆の大切さが見直されています。地域では住民による自主防災のほか、高齢者の見守りや子どもの安全など自治会単位での活動が行われています。

自治会ってなに?

自治会とは、地域の基礎的な住民組織であり、その地域その地域に生じる様々な共通の問題を住民で力を合わせ解決するために設立された、住民自らが運営する任意組織です。地域によっては自治会のことを町内会や区といった名称で呼ばれていることもあります。現在、久留米市内に、この様な自治会が約660存在します。

※「久留米市市民活動を進める条例」第7条第1項において、次のとおり規定されています。
(地域コミュニティ組織への加入)
第7条 市民は、第4条の規定による取組を達成するため及び前条の規定による取組が達成されるよう、その居住する形態にかかわらず地域コミュニティ組織の基盤である自治会に加入するよう努めるものとする。

自治会の役割と活動

俗に「遠くの親戚より近くの他人」と言われるように、「いざ」というときは、お隣さんや近所の人達が頼りになることがあります。自治会はこうした、日常的な人と人の繋がりを基盤として、より良い地域を築いていくことを目的として組織されています。

自治会は、地域に住む人達みんなの、快適で安心な生活のために必要なルールづくりや共同作業を行っています。

自治会活動に参加しましょう

自治会に入ろう

自治会は自分たちの自由な意思によって組織した団体です。

でも「任意団体であるから加入しなくても良い」といって自治会への加入率が低くなれば、その機能が果たせなくなってしまいます。自分がやらなくても、他の誰かがやってくれているから、防犯灯は道を照らし、ごみ集積所は衛生的に保たれているのです。誰も地域での役割を担わなくなった時のまちの姿を想像してみることも大切です。

また各世帯が自治会費を納めることによって、自治会の活動が成り立っています。 こうした地域生活の基盤である自治会単位で、住民による様々な地域活動が行われています。安全で楽しい生活を送るためにも自治会活動に参加しましょう。

自治会活動の例

親睦 運動会や祭りなど
相互扶助 地域ぐるみの子育て、青少年健全育成、高齢者の見守り等
生活防衛 防犯灯の維持管理、防犯、防災、交通安全など
環境整備 河川や道路の清掃などの環境美化活動
行政補完 行政情報の伝達、公共事業の協力など
要望活動 行政等への陳情、要望など
総合調整 各種団体や住民相互の意見の調整など
生涯学習 各種サークルの育成、各種講座・勉強会の手配など
河川清掃(高良内校区河川清掃(高良内校区))
河川清掃(高良内校区)
暴追パレード(東国分校区)
暴追パレード(東国分校区)
夜警(日吉校区)
夜警(日吉校区)
食用廃油の回収(善導寺校区)
食用廃油の回収(善導寺校区)
防災マップの作成(善導寺校区)
防災マップの作成(善導寺校区)
 |