ホーム > 各校区コミュニティ > 草野校区まちづくり振興会 

草野校区まちづくり振興会 

 
image1.jpeg

概要

(平成30年4月1日現在)
人口 2,090人
世帯数 813世帯
高齢化率 38.6%
自治会数 11
拠点施設 草野校区コミュニティセンター
草野町矢作506-1
電話 0942-47-0002
FAX 0942-47-0002

<名所・旧跡・特産物・伝統行事>

草野校区は、久留米市で唯一「伝統的町並保存地域」に指定されている町で、数多くの伝統的家屋や神社、仏閣が現存しています。特に県文化財の「鹿毛鶴之助邸」をはじめ、「山辺道文化館」、「草野歴史資料館」など中世の面影を残した建造物は訪れる人に感動を与えています。

image2.jpeg

また、地域の特産品である柿をはじめ、久留米つつじ、久留米つばきなど久留米市を代表する緑花木の生産が盛んな地域で、季節になると発心公園の桜、久留米つばき園の500種の色とりどりのつばき、そして世界のつばき館には、その名の通り「世界の花」と、癒しを求めて内外から多くの人が訪れ、草野町一帯に賑わいをもたらしています。中でも古民家に生息する樹齢300年の「正義(まさよし)」は、世界的にも貴重な「久留米つばき」として世界中のつばきファンを魅了しています。

伝統行事の「草野風流」や「若宮八幡宮御神幸祭」のお祭りも受け継がれています。

毎年3月に「草野つばき祭り」、11月には「草野まちかど博物館」など、地域挙げてのおもてなしイベントを開催し、「花と緑、歴史と文化」そして「地域とのふれあい」を堪能できる校区です。

image3.jpeg

<活動内容>

○ NPO法人「元気の里・耳納の恵み」

校区では、まちづくり振興会が母体となって、校区の「賑わいづくり・地域特産物の産業振興」を目的にNPO法人を立ち上げました。世界のつばき館でのイベント、特産物販売など、地域の活性化に向けての取り組みを行っています。

○「交流」をテーマに活動

草野校区は、市内でも少子高齢化が顕著な校区ですが、大学生と小学生の交流活動「パルキッズ草野」では、老人クラブの方を交えて、小学生に竹とんぼや紙鉄砲の作り方を教えて楽しく遊ぶ「昔あそび教室」や学童保育所児童と高齢者の交流会、留学生を招待しての「歳末ふれあい餅つき」など、「交流」をテーマにみんな元気に活動しています。それぞれの交流活動を通して、子供たちは、高齢者から「知恵」、大学生から「協調」を学び、高齢者は、地域に貢献できる「いきがい」を見つけることで少子高齢化をプラス思考で考えた草野独自の活動をしています。

image4.jpeg

その他にも高齢者世帯に弁当を届ける「ふれあい宅配」や高齢者のための「いきいきサロン」、青パトを活用した「子ども見守り活動」、自治会長による登下校時の「あいさつ運動」など、「安心・安全・住みよいまちづくり」を目指して校区民を挙げていろいろな活動をしています。

image5.jpeg

定期的な年行事

image10.jpeg
にじいろ運動会
image9.jpeg
歳末ふれあい餅つき大会
image8.jpeg
つばき園クロスカントリー大会
image11.jpeg
ふれあい宅配弁当作り
image7.jpeg
いきいきサロン
image6.jpeg
青パト子ども見守り活動
時期 行事名 開催場所 概要
4月 久留米つつじマーチ 年度ごとに変更  
5月 球技大会   ペタンク・グラウンドゴルフ
老人クラブグラウンドゴルフ大会 ふれあい農業公園  
7月 青少年育成校区民大会 コミュニティセンター スローメディアに関する講演
8月 発心公園整備 発心公園 自治会長会
9月 つばきの実収穫祭 久留米つばき園  
10月 にじいろ運動会 草野小学校 小学校・地域合同
校区戦没者慰霊祭 コミュニティセンター  
11月 草野まちかど博物館 保存地区を中心 資料展示・ウォーキングなど
人権学習会 コミュニティセンター  
12月 ふれあい餅つき コミュニティセンター  
少年駅伝大会結団式    
1月 久留米市つばき園少年クロスカントリー大会    
成人式 コミュニティセンター  
2月 文化祭 草野小学校  
3月 耳納北麓草野つばき祭り 久留米つばき園